未分類

老化とは?症状や原因、防止方法まで医師が解説

「老化とは?老化の症状や原因が知りたい。」

あなたは今、そうお考えではありませんか?

そんなあなたに朗報です。
本記事を読めば「老化」についてよくわかります。

「老化とは」「老化の原因」「老化の症状」を具体的に説明しているので、「老化」について知っておくべき内容を網羅してます。

さらに老化を防止する方法についても紹介します。この記事を読めば老化について理解でき、今すぐに実践できる老化防止のための対策を知ることができます。

老化のことを深く理解して、この記事が老化防止のきっかけになれると幸いです。

老化とは

老化は歳を取ることによって起きる身体機能の低下を意味しています。主な老化の現象は体の内側にある臓器や器官、外側にある肌や髪などを劣化することです。老化は加齢とともに自然に起きるものですが、遺伝的要因や生活習慣などの外部要因によって大きく影響を受けます。

また老化の始まる時期は20〜45歳の成熟期と言われていますが、人間の成長期が個人によって違うように、老化が始まる時期も個人差があります。

老化の症状

老化による身体機能低下で起きる、6つの症状を詳しく紹介します。

  • 骨と関節が脆くなる
  • 筋肉が減り体脂肪が増える
  • 視力が弱くなる
  • 耳が遠くなる
  • 血圧が高くなる
  • 肌が荒れる

骨と関節が脆くなる

老化は骨と関節を脆くします。骨と関節が脆くなる原因は、骨密度が低下することです。

肝臓や腎臓の機能が衰えることで、カルシウムの吸収を促進するビタミンDが作りにくくなります。

また女性は、老化による女性ホルモンエストロゲンの減少により、栄養素を吸収する腸の働きが弱くなるので、カルシウムの吸収がしずらくなります。

以上の2つの理由より、老化によって骨密度の減少が起き、骨と関節が脆くなります。

筋肉が減り体脂肪率が増える

老化は筋肉を減らし体脂肪率を増やします。

加齢に伴う身体機能の衰退よって、筋肉が萎縮します。筋肉の減少や臓器の機能が衰えることは、基礎代謝の減少につながります。結果として1日に使うことのできる総エネルギー数が少なくなるため、体脂肪が体につきやすくなり太りやすくなります。

従って老化による身体機能の衰えが、筋肉を減少を引き起こし、体脂肪率を増やす原因となります。

視力が弱くなる

老化における視力が弱くなることは、老眼を意味します。老眼とは近くの文字が見えずらくなることや、目のピントが焦点に合わなくなることです主な症状としては、以下のような症状があります。(参照:日本眼科医会

  • 新聞やスマートフォンを近くで見ると見ずらく、少し離して見ると見やすい
  • 本などを読み近くを見た後に、外を見ると焦点が合わずにぼやける

老眼は、目のピントを合す機能を持つ水晶体の弾力性や筋力が、老化によって落ちることによって引き起こされます。(参照:日本自律神経学会総会

耳が遠くなる

耳が遠くなることは老化によって現れる症状の一つです。音が聞き取りずらくなりコミュニケーションが難しくなることや、高音の音が聞こえなくなります。

耳が遠くなることの原因は有毛細胞が加齢ととも減少することです。有毛細胞とは、音を電気信号に変えて、神経を通して脳に伝える役割があります。(参照:e-ヘルスネット

老化によって、有毛細胞が減少することことで、耳が遠くなる症状が起きることがわかります。

血圧が高くなる

老化によって血圧が高くなります。血圧は高い状態が続くと動脈硬化、心疾患、脳卒中を引きこすリスクをあげると言われています。

血圧が高くなる原因は、老化にともない血管の弾力性が失われることです。血管の弾力が失われると、心臓が血液を送り出すために高い圧力をかけなければならず、結果として血圧が上がります。

肌が荒れる

加齢による老化の症状に、肌が荒れることが挙げられます。肌が荒れる原因は肌のバリア機能の低下、ターンオーバーの乱れです。

肌のバリア機能は、体外からの刺激を守る役割があります。老化が肌のバリア機能を低下させることで、肌が乾燥したり荒れやすくなります。

またターンオーバーは、古い肌の細胞を新しい細胞に入れ替える役割があります。老化によって、ターンオーバーが正常に機能しなくなると、肌の荒れが治りずらくなります。

老化の3つの原因

3つの老化の原因を詳しく解説します。

  • 加齢によってホルモン分泌が減少する
  • 活性化酸素の過剰分泌で体が酸化する
  • タンパク質が変性して糖化する

加齢によってホルモン分泌の減少する

ホルモン分泌の減少は老化につながります。筋肉を維持する効果がある男性ホルモンが低下することは、筋肉の減少の原因となります。女性ホルモンエストロゲンの分泌量が減ることで、女性は骨密度の低下や血圧の上昇がおこると言われいています。以上から、ホルモン分泌の減少は老化の原因の1つです。

活性化酸素の過剰分泌で体が酸化する

活性酸素の過剰分泌によっておこる体の酸化は、身体の組織を傷つけ機能を低下させます。活性酸素は、加齢ともに増加して老化を早め、様々な病気を引き起こす要因になると言われています。活性酸素の過剰分泌によってリスクが高くなる病気は、以下のようなものがあります。

  • 動脈硬化
  • 心筋梗塞
  • がん
  • アルツハイマー型痴呆症
  • 糖尿病

従って、活性酸素の過剰分泌における体内の酸化は、老化によって起きる病気の原因であり、老化を早めるものであることがわかります。

タンパク質が変性して糖化する

体内でタンパク質と糖が体温によって熱せられ、変性して結びつくことを糖化と言います。糖化によって、AGEと呼ばれる老化物質が作られます。AGEが老化を促進して、身体機能を低下させます。AGEの老化による身体機能の低下や、様々な病気を引き起こすと言われています。

  • 動脈硬化
  • 心筋梗塞
  • がん
  • 骨粗しょう症

従って糖化によってAGEが生成されることで、身体機能を低下させ老化を促進させることがわかります。

老化を防止する6つの方法

老化を防止する7つの方法を紹介します。

  • 12時間の空腹な時間を作る
  • 1日7時間の睡眠をとる
  • AGEが体内で多くなるものを食べない
  • 1日30回のスクワットを行う
  • 抗酸化物質を食べる
  • NMNサプリを飲む

12時間以上の空腹な時間を作る

12時間以上の空腹な時間を作ることは、老化防止に効果的です。12時間以上の空腹を作ることによって長寿遺伝子であるサーチュイン遺伝子が働きます。金沢大学医学部の古谷大祐教授によるとサーチュイン遺伝子は老化の原因となる活性酸素の除去の役割を持っています。また老化に伴って起きる、様々な症状や病気を防ぐと言われています。

12時間の空腹を作り、サーチュイン遺伝子を活性化させて、老化を防ぎましょう。

1日の睡眠を7時間確保する

睡眠は老化と密接な関係があります。1日の睡眠を7時間確保することは、老化の原因である過剰な活性酸素による体内の酸化を予防し、ホルモン分泌を促します。

睡眠で発生するメラトニンには、強力な抗酸化作用があり、寝ている間に活性酸素を除去してくれます。また睡眠は、活性酸素を生み出す原因となるストレスを減らすことにも効果的です。

また睡眠は、老化の原因であるホルモン分泌の減少に効果があります。ホルモンは睡眠期間中に分泌されるようになっているので、しっかりとした睡眠時間が必要です。

1日7時間寝ることが健康に最も効果的である言われているので、老化を防止するために、7時間の睡眠時間を確保しましょう。

AGEが体内で多くなるものを食べない

老化成分であるAGEを多く含む物や、体内でAGEを多く産み出す食べ物を食べないことは老化を防止します。AGEを多く含む食べ物とは加工肉や、高熱で作れた食べ物です。代表的なAGEの値が高い食べ物を紹介します。

  • ベーコン
  • ハム
  • ウインナー
  • 揚げ物

また糖質を多く含むものは、体内で多くのAGEを作る原因になります。糖質が多い食べ物が体内に入ると、高血糖を起こします。血糖値が高い状態がより、糖化が起きやすくAGEを多く作ってしまいます。

上記の理由から、加工肉や揚げ物、糖質をたくさん含む食べ物は老化を予防するために避けましょう。

1日30回のスクワットを行う

1日30回のスクワットを行うと、老化によっておこる筋肉萎縮や代謝の低下を緩和させることに有効です。筋肉量を増やすことは、基礎代謝向上につながります。またスクワットを行うことで、筋肉の60%を含むと言われる太ももを鍛えることができます。

過度なスクワットは、活性酸素を生み出し、老化につながる恐れがあります。1日30回のスクワットをして、老化によっておこる症状を緩和させましょう。

抗酸化物質を食べる

抗酸化物質を食べることで、老化を引き起こす体内の酸化を防ぐことができます。ビタミンA・C・Eやポリフェノールは抗酸化物質として知られています。これらの成分は、以下の食べ物からとることができます。

ビタミンA・C・Eを摂取できる、6つの緑黄野菜を紹介します。

  • かぼちゃ
  • ほうれん草
  • ブロッコリー
  • しそ
  • にんじん
  • ピーマン

ポリフェノールを摂取するには、3つの飲み物からとることができます。

  • ワイン
  • 緑茶
  • コーヒー

これらの野菜や飲み物をとることで、老化防止に役立つ抗酸化物質をとることができるのでおすすめです。

NMNサプリを飲む

若返りの薬として知られている、NMNサプリは老化の原因や症状を予防するだけではなく老化によって落ちた体の機能の向上が期待されます。

ワシントン大学医学部の今井眞一郎教授によると、NMNは老化によって衰退する身体機能の低下を予防し、老化による病気の原因を治療できると述べられています。

老化 まとめ

今回は老化について、以下の4つのポイントを解説しました。この記事が少しでも老化についての理解に役に立つと幸いです。

  • 老化とは
  • 老化の症状
  • 老化の原因
  • 老化を防止する方法