未分類

メトホルミンのアンチエイジング効果とは?最新の研究をもとに解説

「メトホルミンって何だろう?アンチエイジング効果があるって聞いたけど、どんな効果があるのかな?」

あなたは今、そのようにお考えではありませんか?

メトホルミンはアンチエイジングの効果的でありますが、今まだ知られてない情報が多いです。

本記事では、メトホルミンが持つアンチエイジングの具体的な効果メトホルミンの副作用メトホルミンの購入方法を詳しく解説します。この記事が、あなたのアンチエイジングに関する理解を深めれることができたら幸いです。

メトホルミンとは?

メトホルミンとは、糖尿病治療における血糖降下薬です肝臓が持つ糖を作る作用を抑制することや、筋肉が血中の糖を吸収することをを促進し、血中の糖を減らすことができます。糖尿病の原因となる高血糖を改善することができます。近年ではアンチエイジングの効果を持つことが注目されており、様々な老化予防の効果が期待されています。

メトホルミンのアンチエイジング効果

メトホルミンは、様々な研究により糖尿病の治療薬だけではなく、アンチエイジング効果もあることが明らかになってきました。メトホルミンの具体的なアンチエイジング効果は以下のようなものです。

  • 糖尿病の予防
  • 心疾患の予防
  • 認知症の予防
  • がんの予防

糖尿病の予防

メトホルミンは、糖尿病の方の治療薬だけではなく、糖尿病の予防にも効果的です米国糖尿研究会の研究によると、2型糖尿病のリスクの高い人の予防や遅延において、メトホルミンは安全でかつ効果的であるとことを明らかにしています。

今回行われた研究では25歳以上の糖尿病のリスクがある3234人を対象にして、生活習慣に介入して糖尿病のリスクを下げるグループ(運動などのレッスンを行う)、メトホルミンを1日2回850mg摂取するグループ、普段通りに生活するグループに分けました。

各参加者に対して平均2.8年の追跡調査を行ったところ、メトホルミンを摂取したグループは普段通り生活したグループに比べて、31%の糖尿発症のリスクが減少していました。また生活習慣に介入されたグループは、54%リスクが減少していました。

この結果から、メトホルミンを摂取するだけで糖尿病の予防のアンチエイジング効果があることがわかります。

心疾患の予防

メトホルミンには冠動脈を保護し、心疾患を予防する効果があります。

ある研究では33人の非糖尿病の女性を集めて、被験者のなかからランダムにメトホルミンを1日500mg摂取させて、八週間の経過を観察させたました。メトホルミンを摂取したグループは摂取してないグループと比較して、心疾患のリスクが軽減していることがわかりました。

また、2019年に公開されたメタホルミンが冠動脈疾患に与える影響を調べた調査によると、メタホルミンは、冠動脈疾患による心筋梗塞や心不全などの死亡率を低下させることわかっています。

神戸大学医学部の坂口一彦、小川渉、両教授によるとトホルミンが、心疾患のリスクを減らす効果には、体重増加を抑制して血管内皮機能やリポ蛋白代謝,酸化ストレスの改善することで、冠動脈のつまりを防止ため言われています。

つまりメトホルミンは心疾患を防ぎ、健康寿命を伸ばすことが期待できます。

認知症の予防

メトホルミンには、認知症を予防できるアンチエイジング効果があります。

オーストラリアの医学研究機関であるGarvan Institute of Medical Researchによると、メトホルミンは認知機能の低下を防ぎ、認知症発症リスクを下げることを公表しました。この調査では、70歳〜90歳の認知症のない1037人のオーストラリア人を対象にして、2年ごとに認知機能のテストを行い、6年間を機関として行われました。

対象者の中の123人が糖尿病を患っており、そのうちの67人がメトホルミンを摂取していました。この調査の結果は、メトホルミンを摂取していた糖尿病患者は、摂取してなかった患者に比べ、認知症を発症する割合が5倍も低いことがわかりました。

がん予防

日本人の2人に1人はがんになると言われています。加齢ともにガンは発症しやすくなります。メトロホルミンはそんなガンにも予防効果があります。

ガンの予防と治療のための既存薬について調べた調査では、メトロホルミンはガンのもとになる腫瘍の増加をおさることができます。また腫瘍細胞の成長のサイクル停止させれると述べています。さらにメトロホルミンを使用する糖尿病患者は、腫瘍発生の確率が低くなることがわかっています。

加齢とともに発生しやすくなるガンの予防や治療は、長生きする上で大切になります。メトロホルミンは、加齢に伴う病気を予防できる効果の高いアンチエイジングとして期待されています。

メトホルミンの副作用

副作用がない薬は存在しません。風邪薬と同様に、メトホルミンの主な副作用は以下の通りです。(参照:くすりのしおり

  • 下痢
  • 吐き気
  • 食欲不振
  • 腹痛
  • 発疹
  • かゆみ

高齢者や腎障害、肝障害を持つ方がメトホルミンを服用すると、乳酸アシドーシス(高い死亡率がある疾患)をおこす危険性もあります。多量の服用も同様に乳酸アシドーシスを起こす危険性があるので、注意してください。

通常、成人は1日500mgを2、3回に分けて飲むことをおすすめしています。1日500mg以上のメトホルミンの服用する場合は、かかりつけ医と相談して決めましょう。

メトホルミンの購入方法

メトホルミンには、2つの購入方法があります。

  • 処方箋
  • 個人輸入

医者の処方箋による購入

 

メトホルミンは糖尿病患者向けの医薬用医薬品のため、糖尿病患者であれば医者の処方箋からの購入が可能です。

ただし、糖尿病でない方は病院に行っても処方をしてもらうことはできないので、あまり現実的な方法ではありません。

個人輸入

メトホルミンは、個人輸入なら医者からの処方箋がなくても、購入することができます。空詩堂ベストドラッグなど、薬の個人輸入業者などが存在しています。

しかし個人輸入でメトホルミンを購入するのは、おすすめしません厚生労働省によると、薬品の個人輸入における健康被害が多発しています。また日本で流通している製品は医薬品医療機器等法によって安全性が確保されていますが、海外の薬品は日本の法律と違うため、安全でない可能性があります。

メトホルミン アンチエイジング まとめ

今回は、「メトホルミンが持つアンチエイジング効果」を解説しました。メトホルミンが持つアンチエイジング効果は以下の4つです。本記事が「メトホルミンのアンチエイジング効果」の理解に少しでも役に立てたら幸いです。

  • 糖尿病の予防
  • 心疾患の予防
  • 認知症の予防
  • がんの予防

▼以下出典一覧
^ Aroda, Vanita R.; Ratner, Robert E.(2018-11). “Metformin and Type 2 Diabetes Prevention”. Diabetes Spectrum : A Publication of the American Diabetes Association 31 (4): 336–342.doi:10.2337/ds18-0020. ISSN 1040-9165.PMC: 6243218. PMID 30510389.
^ Jadhav, Sachin; Ferrell, William; Greer,Ian A.; Petrie, John R.; Cobbe, Stuart M.; Sattar,Naveed (2006-09-05). “Effects of metformin on microvascular function and exercise tolerance in women with angina and normal coronary arteries: a randomized, double-blind, placebo-controlled study”. Journal of the American College of Cardiology 48 (5): 956–963. doi:10.1016/j.jacc.2006.04.088.ISSN 1558-3597. PMID 16949486.
^ Han, Yechen; Xie, Hongzhi; Liu,Yongtai; Gao, Peng; Yang, Xufei; Shen, Zhujun(2019-07-30). “Effect of metformin on all-cause and cardiovascular mortality in patients with coronary artery diseases: a systematic review and an updated meta-analysis”.Cardiovascular Diabetology 18 (1): 96.doi:10.1186/s12933-019-0900-7.ISSN 1475-2840. PMC: PMC6668189.PMID 31362743.
^ “メトホルミンの心血館イベント予防効果と使用における注意点” 、坂口一彦、小川渉、2021年1月15日閲覧。
^ “Treatment linked to slowed cognitive decline” (英語). Garvan Institute of Medical Research 2021年1月15日閲覧。
^ Zi, Fuming; Zi, Huapu; Li, Yi; He,Jingsong; Shi, Qingzhi; Cai, Zhen (2018-1).“Metformin and cancer: An existing drug for cancer prevention and therapy”. Oncology Letters 15、2021年1月15日閲覧。
^ “くすりのしおり | 患者向けわかりやすい情報”. www.rad-ar.or.jp. 2021年1月15日閲覧。
^ “医薬品等を海外から購入しようとされる方へ” (日本語). www.mhlw.go.jp. 2021年1月15日閲覧。