未分類

果糖は老化の原因?フルーツに含まれる糖質の危険性を徹底解説します。

果糖は老化の原因になるの?

そのようにお考えではありませんか?

毎日果物をよく食べているけど、果糖が老化の原因なるかもしれないなら不安になりますよね。

結論から申します。「果糖は老化を早める危険性があります。
この記事では果糖が老化と関係する2つの理由を科学的に解説します。

さらに果物を食べる時の注意点や果糖が少ないフルーツ、果糖を多く含むフルーツをご紹介します。この記事を読むと、果糖の危険性をふまえながらもしっかりとフルーツを食べるための方法が分かります。

今回は果糖が老化と関係する2つの理由、果物を食べるときの注意点、果糖が少ないフルーツ3選、果糖が多いフルーツ3選を解説します。

果糖と老化の関係の理解に本記事がお役立てると幸いです。

果糖が老化と関係する2つの理由

果糖そのものは有害物質ではありませんが、果糖は体内に入ると老化の原因を作り出す危険性があります。果糖が老化と関係する2つの理由を詳しく解説します。

  • 老化成分AGEの生成
  • 肝臓での代謝による脂質異常

老化成分AGEの生成

果糖は小腸から吸収されて血液に入り細胞内のエネルギーとなります。その時余った果糖はブドウ糖と比べ10倍速さで体内のタンパク質や脂肪と糖化して、老化成分AGEを作り出します。また果糖によってできるAGEはより強い毒性をもっていると言われています。

強い毒性をもつAGEが活性酸素を大量に発生させることで、肌や骨、血管、臓器を老化させます。そのため果糖は老化の原因になると言われています。

肝臓での代謝による脂質異常

炭水化物などのブドウ糖を摂取すると小腸で吸収され血液によって全身の細胞にエネルギーとして運ばれた後、余ったエネルギーが中性脂肪になります。

一方、果糖を多量に摂取すると小腸で代謝しきれず血液によって肝臓に送られます。そのため肝臓で代謝を行いエネルギーに変換します。そして細胞にエネルギーを送り余ったものが中性脂肪になります。これによって肝臓にあるエネルギーを消費しきれずに多くの余分な中性脂肪ができてしまうので、脂質異常をおこしやすくなるといわれています。

肝臓についた脂肪は外見からでは判断できないですが、果糖を多量に摂取している人は見た目の変化がなくとも健康診断の数値が悪化している人が多いといわれています。

そのため果糖の摂取によって起きる脂質異常によって、様々な老化の症状・病気をひきおこすとされています。

果物を食べるときの注意点

果物は果糖を多く含みますが、過剰に食べなければ食べても問題はないです。果物にはビタミンやミネラル、食物繊維などさまざまな健康には欠かせない栄養素が豊富に含まれています。美容にも効果のある抗酸化物質や水分を多く含んでいます。

しかし果糖はブドウ糖などの糖に比べ、食べても血糖値が上がらず満腹感を感じにくくなっています。そのため果物を食べると、つい食べ過ぎたということが起きかねません。

よって小腹が空いた時におやつの時間などで、果物を食べることはあまりおすすめしません。食後に果物を食べることで、食べ過ぎを防ぐことができるので是非試してみましょう。

果糖が少ないフルーツ3選

今回は果糖が少なく健康に良い、普段の生活に取り入れやすいフルーツを3つご紹介します。

  • パイナップル
  • オレンジ

パイナップル

パイナップルは甘みが強く果糖の量が多いフルーツのイメージがありますが、100gあたりの果糖が1.8gと少なく糖質の量が少ない果物です。

パイナップルはビタミンB1・Cを含むため疲労回復の効果があり、肌の調子を整えてくれる効果があります。

また豊富に含まれる不溶性食物繊維によって便秘の改善の効果も期待できます。

季節の食べ物として6月〜9月が旬の桃は時期によって糖質の量が変化しますが、基本的に100gあたりの果糖が1.5gと少なく食べやすい果物です。

桃はビタミンC・Eなどの体の酸化を防ぐ抗酸化物質やタンニン、フェノールなどの抗炎症物質を含むため美容に効果的と知られています。

加えて桃に含まれるカリウムによって水分によるむくみや高血圧を予防できると言われています。

オレンジ

オレンジは生活習慣病の予防に効果的とされているフルーツで、含まれる果糖は100gあたり1.9gと少量です。

強い抗酸化作用をもつオレンジはビタミンC、ベータクリプトキサンチン、ベータカロチンを豊富に含んでいます。中でもベータクリプトキサンチンは抗酸化作用が強く少量でがんの発生を防ぐと言われています。

またこれらの成分は美容にも効果的で肌質を安定させ、肌の健康維持にも効果的であるとされています。

果糖が多いフルーツ3選

果糖が多いフルーツは、量を意識して食べ過ぎに注意する必要があります。今回は家庭で良く食べる果糖の多いフルーツ3選をご紹介します。

  • ぶどう
  • りんご
  • バナナ

ぶどう

ブドウは100gあたりに含まれる果糖が7.3gであり、果糖が少ないフルーツ比べて約5倍も多く含まれています。

ブドウには老化を予防するポリフェノールの一種タンニンやカテキンが含まれています。これらの成分が持つ抗酸化作用によって体の酸化を防ぐ効果を持っています。

また腸内環境を綺麗にすることができるタンニンは、腸の悪玉菌を減らし便秘を改善すると言われています。

しかしブドウは1粒ずつ食べるので、多くの量を食べてしまいがちになってしまいます。そのためブドウを食べる時は果糖の多量摂取を避けるために、量をあらかじめ決めておきましょう。

りんご

欧州では「1日1個のりんごは医者を遠ざける」という諺があるほど、りんごは健康に良いものですが、100gあたりに含まれる果糖は7.7g今回紹介するフルーツの中で1番多いです。

りんごはビタミンCやポリフェノール、ベータカロチンといった抗酸化物質を豊富に含んでおり老化予防に効果的です。

また水溶性食物繊維であるペクチンも含んでいるため、偏を柔らかくし便秘を防ぐことができます。ペクチンは消化吸収を助ける効果も持っており、胃の働きを良くしてくれます。

しかしりんごは果糖を多量に含むため、食べ過ぎには注意が必要です。必ず半分以下の量を食べるように心がけましょう。

バナナ

バナナは健康によく最も食べられているフルーツですが、果糖を多く含んでいます。100gあたりに含まれる果糖は6.2gであり、その他の種類の糖質の量も多いです。

バナナは食物繊維、ミネラル、ビタミンがバランスよく含まれており様々な効果をもっています。ビタミンやミネラルによって美肌効果、代謝アップ、貧血解消、また食物繊維によって便秘解消が期待できます。

さらに免疫を機能を向上させる効果もあり、バナナはスーパーフードとして知られています。

バナナは手頃に食べることができる一方で、果糖とその他の糖質を多量に含んでいるので、1日1本以下を目安として食べるようにしましょう。

果糖と老化の関係 まとめ

今回は果糖が老化に関係する2つの理由、果物を食べる時の注意点、果糖が少ないフルーツ3選、果糖が多いフルーツ3選を解説しました。果糖は老化を早める危険性はありますが、フルーツは過剰に食べすぎなければ健康に良い効果があります。フルーツを食べる時は量を少なめに食べることを意識しましょう。

果糖と老化の理解にこの記事がお役に立てると幸いです。