未分類

1日一食で若返り!健康的でアンチエイジングに効果的な1日一食の方法を解説します。

「1日一食で若返りできるのかな?」

あなたは今、そうお考えではありませんか?

若返りに効果のある運動やカロリー制限、糖質制限はきついので続かない。
もし食事を1日一食にすることで若返りの効果があって、気軽に1日一食を始められる方法を知ることができると理想的ですよね。

そんなあなたに朗報です。「1日一食は若返りに効果があります。」
この記事では、食事を1日一食すると若返りできる4つの理由を詳しくしています。

さらに誰でも簡単に1日一食を行なうための3つのルールもご紹介するので、もうこのルールさえ守ることで気軽に1日一食を始めることができ、若返りの効果を期待できます

今回は1日一食で若返りできる4つの理由、1日一食を始める前の注意点、1日一食の3つのルール、またどうしてお腹が空いた時の対処法を解説します。

この記事が若返りのために1日一食を始めるきっかけになると幸いです。

1日一食で若返りができる4つの理由

1日一食で老化が防げ、若返りができるのには4つの理由があります。

  • 空腹の時間でサーチュイン遺伝子が活性化する
  • 臓器を休ませることができる
  • 体重が落ちる
  • 病気を予防できる

空腹の時間でサーチュイン遺伝子が活性化する

1日一食は空腹の時間を長く作ることでき、サーチュイン遺伝子を活性化することができます。サーチュイン遺伝子が活性化すると老化の原因となる活性酸素の除去、脂肪燃焼、シミやシワの改善などの様々なアンチエイジングの効果を発揮します。また、老化によって伴う病気を予防することができると言われています

サーチュイン遺伝子は常に働いているわけではなく、空腹によって活性化し機能すると言われています。

サーチュイン遺伝子の研究をしている金沢医科大学の古谷大祐教授よると、30代〜60代の男性4人に7週間、25%のカロリー制限を行い空腹の時間を作ったところ、サーチュイン遺伝子が作る若返り効果のある酵素の量が約4倍〜10倍に増えたと述べられています。

そのため1日一食で空腹の時間を作り出すと、サーチュイン遺伝子によって若返りが期待できます。

https://nmn.online-medicine.or.jp/203/

臓器を休ませることができる

私たちも疲れると休養が必要なように、臓器も休む時間が必要です。食事を1日一食を行うことで効果的に臓器を休ませることができます

食事の間隔が短いと、内臓に負担がかかり正常に機能しなくなる危険性があると言われています。

胃が疲労すると十分に消化を行えずに、腸に食べ物を送り出します。そのため、腸の中に有害物質が発生するので、疲労がたまりやすくなったり病気につながる危険性があります。

また解毒作用を持つ肝機能の低下によって、疲れがとりにくい体になり老化を招きます。

以上より食事を1日一食にすることで、臓器の疲労をとり正常に作用させることで老化を防げると考えられます。

体重が落ちる

1日一食の食事は体重減少に効果があり、外見からの若返りを期待できます人は加齢によって老化が起きると代謝が低下することで、脂肪がつきやすくなります。そのため若い時に比べて脂肪がつくことで外見が老いて見えるようになります。

実際に肥満によって背中が丸くなると、年齢が5歳老けて見られるそうです。また株式会社ヴェーダヴィが20代〜30代の男女600人に行った調査では、太っている女性と痩せている女性では見た目の年齢差が3.02歳の差があった報告されています。

体重を落とすことは外見からの若返りに効果的であり、食事の1日一食を行うことで健康的に体重を落とすことが可能です。

病気を予防できる

1日一食の食事は体の様々な機能を改善し、老化に伴ってリスクの上がる病気を予防することができます

加齢によって血管が老化し高血圧になりやすくなります。そのため、動脈硬化や心疾患、脳卒中などの病気にかかるリスクが上がります。

食事を1日一食にすると高血圧を改善し、血管の老化の原因となる高コレステロール値を正常にすることが可能です。そのため血管の老化によって起きる全ての病気のリスクを軽減できるとされています。

また、1日一食によって血糖値の過度な乱高下を防ぐことができ、糖尿病を予防することも期待できます。

1日一食を始めるべきではない方

1日一食は若返りに効果的な方法ですが、全ての方に有効ではありません。病気を抱えている方、標準体重より痩せている方、高齢の方が行うと大きな危険を招く可能性があります。

  • 病気を抱えてる方
  • 標準体重より痩せている方
  • 高齢の方

病気を抱えてる方

1日一食などの食事制限は病気を予防することに効果的ですが、すでに疾患を抱えている方にはおすすめしません

たしかに1日一食をおこなうことで病気が治るという意見も存在しており、自己の体験により病気が治ったと述べられている方もいます。しかし人によって環境、体質、病気の症状も違うので参考にするには危険が高いです。

医師の指示で治療として1日一食を始めるのは問題ないですが、自己の判断でおこなうのは控えましょう。

標準体重より痩せている方

標準体重より痩せている方が1日一食を行うと、体重が落ち痩せすぎてしまう危険性が存在します人間は痩せすぎると体に様々な悪影響を及ぼすと言われています。下記の悪影響のリストを参照ください。(参照:あすけん

  • 抵抗力が無くなり感染症のリスクが上がる
  • 疲労を感じるのが早くなる
  • ホルモンバランス分泌が不規則になる
  • 腸・肝臓の機能が低下する

そのため標準体重より痩せている方は、1日一食をおこなうと逆に悪影響を及ぼす危険があるので、1日一食を行うのは避けましょう。

高齢の方

高齢者はエネルギーを生成する機能が落ち、また栄養素を取り込みづらい体になっていくため、1日一食で食事制限を行うと健康を維持するのが難しくなります。低栄養の状態になると骨粗鬆症や肺炎のリスクが上がってしまいます。

また低栄養は認知症リスクを上げる可能性があると言われています。よって高齢者の方は若者や中高年の方と違って1日三食の食事を行うことが推奨されているので、1日一食の食事を行わないようしましょう。

1日一食の3つのルール

一般的に食事制限は「つらい」「大変」というイメージが強いと思います。しかし今回紹介する食事を1日一食にする方法はカロリー制限は糖質制限と比べきつくなく、簡単な3つのルールを守れば誰でも始めることができます

  • 水分をこまめに補給する
  • 食間を16時間開ける
  • 一食は基本的に何を食べても良い

水分をこまめに補給する

私たちは水やお茶を飲むときだけでなく、食事からも水分をとっています。そのため1日一食の食事にすると、普段とっていた水分量では足りなくなり脱水症状を起こすリスクがあります。

そのため1時間に1回ほどのこまめな水分補給をおすすめします。また健康維持のため1日2.5リットルの水分量を取ることが必要です。自分が1回に飲む水分量を把握しとくことで、適切な水分量を補給できます。

さらに水分をこまめに摂取することで、満腹中枢を刺激して空腹を紛らすこともできます。

適切な水分補給をこまめに行い、1日一食をおこないましょう。

食間を16時間あける

食事を1日一食にする時に最も重要なルールは、食間を16時間あけることです。16時間の空腹は若返りの効果を持つサーチュイン遺伝子を活性化させ、内臓を休めることができます

サーチュインは遺伝子は空腹を14〜16時間作ることによって活性化すると言われています。そのため効果を最大化するために食間を16時間空けるようにしましょう。

内臓を長い時間休めることで、臓器が回復して機能が正常に戻ります。

食間を16時間空けることは、1日一食の若返り効果を最大化するために最も重要なので、ルールをしっかり守りましょう。

一食は基本的に何を食べても良い

1日一食の食事は過剰に食べることさえしなければ、基本的に何を食べても構いませんまたお酒を飲むことも可能です。

1日一食の食事は1日だけ行うものではないため、一食はしっかり食べて栄養を補給することが重要です。また一食をしっかりとることでストレスをためないこともポイントです。

そのため1日一食の食事は何を食べても構わないのですが、しっかりと食べることを心がけましょう。

どうしてもお腹が空いた時の対処法

どうしても食間にお腹が空いた場合はナッツを食べる事をおすすめします。ナッツは体の酸化を防止するビタミンEやファイトケミカルという抗酸化物質が含まれています。またナッツは少量でも、空腹感を抑制することができます。

効果のあるナッツを選ぶ方は無塩で素焼きの物を選ぶことです。

しかしナッツにいくら老化を防止する効果があるといえ、空腹の時間を作ることが最も重要です。なるべく食べないようにして、どうしてもお腹が空いた時にナッツを食べましょう。

1日一食で若返り まとめ

今回は1日一食で若返る4つの理由、1日一食を始めるときの注意点、1日一食の3つのルール、またどうしてもお腹が空いた時の対処法を詳しく解説しました。1日一食は若返りだけではなく、老化の予防も同時にできるので是非試してみてください。この記事が参考になったら幸いです。