未分類

NMNとは?効果や副作用・摂取方法まで最新の研究をもとにわかりやすく解説します

「NMN(ニコチンアミド・モノヌクレオチド)ってなんだろう?アンチエイジングに効果があるらしいけど本当かな?」

そのようにお考えではありませんか?

確かにNMNはものすごい効果を秘めていそうでもうさんくさん情報ばかりで何を信じていいのかわかりませんよね。

そこでこの記事では科学的な研究や論文を元にNMNの効果について説明します!さらにNMNが作用する仕組みやNMNの副作用、NMNの摂取方法まで解説するので、この記事を読めばもうNMNについてわからないことはなくなるはずです!

それでは早速NMNについて学んでいきましょう!

NMNとは

NMN(ニコチンアミド・モノヌクレオチド)とは、ビタミンB3に含まれる分子で、酸化還元反応を触媒する酵素の補酵素NADの前駆体です。人間の体内でも生成されており、加齢と共に生成量が減少していきます。

近年の研究でNMNがガン・認知症・老化症状などに作用する「若返り効果」があることが続々と判明しており、堀江貴文氏(ホリエモン)NHKなど国内でも多くの著名人・メディアがその効果について言及しています。

NMNの効果・メリット

NMNの効果は現在判明しているだけで4つあります。

  • 老化による病気の治癒・予防
  • 記憶力の向上
  • 心機能の強化
  • 肥満の改善

老化による病気の治癒・予防ができる

NMNの最大の効果は老化による病気の治癒と予防ができることです。

NMNは、DNAの修復を行うサーチュイン(長寿遺伝子)のエネルギーとなるNADを増幅させます。つまりNMNを増幅させることでサーチュインが活性化し老化の主症状である慢性炎症を鎮静化し細胞死を防ぐことができます。

ある研究では、生後24ヶ月(人間でいう70歳前後)の老齢なネズミに2週間NMNを服用させたところ、抗動脈硬化性作用の向上やDNA修復機能の活性化が確認されました。

さらにハーバード大の研究によると、サーチュインを活性化させたネズミが平均して58%も寿命がのび、最大寿命も21%延長されたことが示されています。

NHKのドキュメンタリー番組「NEXT WORLD:~私たちの未来~」によると、人類の平均寿命が100歳を超え最大寿命も140歳まで到達するのではないかと予想する科学者もいるほどに大きな可能性を秘めています。

記憶力が向上する

アメリカで行われた研究で迷路を用いてネズミの記憶力をテストしたところ、NMNを投与したネズミは投与していないネズミより遥かに高い学習効果と記憶力を持つことが明らかになりました。

また形状記憶をテストした研究でも同じく記憶力が向上する結果が出ています。

さらにNADには酸化ストレスやミトコンドリアの機能障害を防止するPGC-1-αの生成を促す効果があることが研究で明らかになっています。

別の研究で、アルツハイマー症を発症しているネズミのNADとPGC-1-αの増加を促したところ、記憶力が飛躍的に向上する結果が出ています。このことからNMNは記憶力を向上させるだけでなくアルツハイマー病やパーキンソン病などの病気の治療にも有効なのではないかと示唆されています。

まだ試行回数も少なく人体実験もなされていませんが、少なくともNMNが脳神経に良い効果をもたらすことは確かなようです。

心機能を強化する

サーチュインの活性化に関わらず、NMNは虚血(動脈血量の減少による局所の貧血)を防ぎ血管が収縮・編成するのを防ぐ効果があることがあることがわかっています。

ある研究では、NMNが心臓の解糖系に作用し心筋梗塞が生じる面積が平均して47%に減少する結果となりました。

また別の研究ではNADが大動脈の硬化を抑制したり収縮期血圧の低下したりする効果をもつことが明らかになっています。

さらに医学雑誌「Cell」の研究によると、NMNを投与したネズミのランニングマシンの走破時間が60%減少し、運動持続可能時間が倍以上に増加したことが明らかになりました。

これらのようにNMNは心機能を高める効果があるので心筋梗塞や異常な心臓肥大を抑制するだけでなく運動能力の向上にも利用できるのではないかと画策されています。

肥満が改善する

NMNは肥満の改善にも効果があると言われています。

スイスでの研究では、高カロリー食を摂取したネズミに対しNADを増加させたところ、体重増加を最大で60%抑制することに成功しています。

ハーバード大のSinclair教授は「NMNを摂取することで特に努力もせずに1日16キロ程度を走ったのと同程度の効果を血液に与えることができる。運動の代替手段になるのはもちろんだが、年齢に影響を受けずにこの効果を享受できることが素晴らしい点だ。」とTimes紙に話しています。

肥満改善に役立つNMNは糖尿病やメタボリックシンドロームの治療にも効果的ではないかと注目されています。

実際に2011年にワシントン大学の今井眞一郎博士らが行った研究では、糖尿病のネズミに対しNMNを投与したところ膵臓や肝臓の機能改善がみられ糖尿病が劇的に改善した結果が出ています。

NMNの「若返り効果」が起こる仕組み

ここまでNMNの効果について説明してきました。ここからはその効果が起きる科学的な仕組みを紹介します。

NMNがNADを作る

NADは水の次に体内に多い分子で、全ての細胞の生命維持に必要な補酵素です。

NADの生成方法は原材料であるアミノ酸のトリプトファンから作る新規合成経路(デ・ノボ経路)とは別に、NMNとATP使った再利用経路(サルベージ経路)する方法があります。

健康長寿」より引用

 

NMNは生体内でNADの代謝産物として生じ、それを再利用してNADを作ることが出来ます。トリプトファンは他の物質を作る際にも多く利用されているので、NMNを使った再利用経路の方が効率よくNADを生成できると言えます。

今井氏の研究によると、NMNの服用後体内のNAD濃度が2~3時間で約25%の上昇をしたことが明らかになっています。

また、NADを経口摂取すると、消化器官で90%以上が破壊されてしまうのに対し、NMNは経口による摂取が可能であり、NADを増やす画期的な手段であると言えます。

https://nmn.online-medicine.or.jp/1701/

NADがミトコンドリアを活性化させエネルギーを生む

NADは電子移動を補助することにより、ミトコンドリア内の反応を助けより多くのエネルギーをうむ出す働きをします

NADは元々細胞内の酸化還元反応を行う補酵素として発見されましたが、細胞間の情報伝達を行うシグナリング分子として分子間で電子の伝達を行う際には酵素と結合しリガンドとして機能することが明らかになっています。

具体的には、解糖やクエン酸回路や電子伝達系など、細胞がエネルギーを得るためにミトコンドリア内で起きる代謝反応に影響を与える補酵素になります。

細胞エネルギーの基底原子である電子を分子間で移動していくことで、NADはバッテリーの充電と同じような細胞機構として機能します。電子は自力で移動をすることはできず、NADがいて初めてエネルギーを作ることができます。

Nature紙の研究では線虫とネズミを用いて実際にNADがミトコンドリアを活性化することが確認されています。

このようにNADの影響でミトコンドリアが活性化した結果、肝臓や腎臓などの健康保護作用がおきます

NADがDNAの修復を促す

ほぼ全ての細胞内にはDNAを修復する分子工場が存在しDNAの修復を行っています。分子工場ではNADと細胞エネルギーが燃料として消費されています。例えばDNAを修復するプロテインであるPARP(ポリADP)はNADが枯渇するとDNA修復の機能が著しく低下することがわかっています。

DNAは放射線などの影響により日々ダメージを受け劣化していますが、DNAの修復が行われなくなることが老化の原因だと考えられています。

 

また「SIR1〜7(通称:サーチュイン)遺伝子」は長寿遺伝子とも呼ばれDNA修復と寿命に大きく関与している遺伝子もあります。

サーチュイン遺伝子は活性化することでサーチュインと呼ばれるヒストン脱アセチル化酵素を合成し、ヒストンとDNAが結合することで遺伝子の修復を行っています。

このサーチュイン遺伝子の活性化にもNADが大きく起用していることがNature紙により明らかになっています。

ハーバード大学のSinclair教授はNature紙の取材に対し、加齢とともにNADの分泌量が減少しサーチュイン遺伝子(やPARP)の活動が弱まることこそだ若い時になり得なかった病気になる原因だと話し、NADを増やしDNA修復することで老化を抑制したり若返りを実現することが可能かもしれない、と考えています。

NMNの副作用

NMNはすでに齧歯類(ネズミなど)や人体での実験が行われており、生物に対し副作用はないと考えられています。

ネズミに対し1年もの期間NMNを与え続けた実験研究(英文)では有害な反応は起こりませんでした。

2019年11月に慶應医学部が行った研究(英文)によると、100mg・200mg・500mgのNMNをそれぞれ10人の人間に対し投与したところ、心拍・血圧・血中酸素濃度・体温ともに正常であり胃腸炎なども見られませんでした。ビリルベリン(肝臓の数値)の上昇やクレアチニン(腎臓の数値)・塩化物・グルコースの減少は確認されましたが、いずれも正常な変動の範囲内でした。

今後はNMNのより長期的服用に対する安全性や有効性に関する研究が必要ですが、今のところはNMNは安全であると考えられています。

https://nmn.online-medicine.or.jp/118/

NMNの摂取方法

ここではNMNの摂取方法について説明します。

ちなみにNMNの適正な摂取量に関しては研究結果がなく、ハーバード大のSinclair教授は質量で250mg(重さで1g)を毎日摂取していると明言しています。NMNがネズミに対し老化予防効果を示した実験での摂取量を人間に当てはめて考えてみても1日に最低でも8mg以上のNMNを摂取するのが効果的であると考えられます。

野菜や果物などの食物から摂る

NMNはエダマメ、ブロッコリー、キャベツ、きゅうり、アボカド、キノコ、トマト、生肉、生エビなどの野菜や果物に微量に含まれています

研究で判明した主な食物のNMN含有量

食材 mg/100g
エダマメ 0.47–1.88
ブロッコリー 0.25–1.12
きゅうりのタネ 0.56
きゅうりの皮 0.65
キャベツ 0.0–0.90
アボカド 0.36–1.60
トマト 0.26–0.30
キノコ 0.0–1.01
生の牛肉 0.06–0.42
エビ 0.22

これらの食物を日々食べることでNMNを摂取できると言えますが、含まれる量が微量であるためかなり意識して食事を調整しないと充分な量を摂取することはできないでしょう。

NMNサプリを飲む

NMNをもっとも効率よく摂取する方法はNMNサプリを飲むことです。

NMNサプリは日本でも通販などで購入できます。1ヶ月100万円以上の物もあり、もっとも安くても1ヶ月5万円程度はかかり、かなり高額であるのがネックです。

NMNサプリを購入する際には信頼性の高い会社から購入するようにしましょう。

https://nmn.online-medicine.or.jp/1337/

NMN配合の化粧品を塗る

シミやシワなどの老化防止・アンチエイジング効果を狙う場合には肌に直接塗るのが効果的であると考えられています。

HECの取材に対し今井教授は「NMNにより10~20歳程度若く見えることも考えられる」と発言しています。

NMN配合の化粧品にはクリーム、導入液、パックなど様々な種類がありますが、中にはほとんどNMNが配合されていない商品もあるので、必ず配合量を確認してから購入するようにしましょう。

よくある質問

NRとの違いは?

NR(ニコチンアミドリボシド)はNMNと同様にビタミンB3で構成される NADの前駆体の一つです。NMNとNRの最大の違いは大きさで、NMNの方が分子が小さく細胞に吸収されやすいので安定した効果をもちます。今井氏による研究Nature紙によると、NMNは約15分程度でNADに変換されその後60分にわたってNADの増加が確認できるのに対し、NRはNAD上昇を観察するまでに4~8時間程度かかります。

ただし寿命が伸びることが研究で示されているのは「NRでNADが増加した時」であり、「NMNでNADが増加した時」に同様の効果が得られることはまだ研究段階で、その点ではNRの方が確実性が高いとも言えるかもしれません。

NMN まとめ

今回はNNM(ニコチンアミド・モノヌクレオチド)の効果やアンチエイジング効果の仕組み、副作用、摂取方法について解説しました。すでにNMNが寿命に対し大きな影響を与えることが明らかになっており、人体に対して適用した場合にどのような影響が起きるか多くの科学者が研究を進めています。

これからも日本NMN研究会では随時NMNに関する情報を発信していきます。

 

▼以下出典一覧

^ “「脂肪が作り出す酵素で、 老化に対抗することができる」 米ワシントン大・今井眞一郎教授が語る 「抗老化と長寿」研究の最前線 1/2 前編” (日本語). ホリエモンドットコム. 2020年12月17日閲覧。
^ NHK. “NHKスペシャル ネクストワールド 私たちの未来” (日本語). テレビ60年 特選コレクション | NHKアーカイブス. 2020年12月17日閲覧。
^ Kiss, Tamas; Giles, Cory B.; Tarantini, Stefano; Yabluchanskiy, Andriy; Balasubramanian, Priya; Gautam, Tripti; Csipo, Tamas; Nyúl-Tóth, Ádám et al. (08 2019). “Nicotinamide mononucleotide (NMN) supplementation promotes anti-aging miRNA expression profile in the aorta of aged mice, predicting epigenetic rejuvenation and anti-atherogenic effects”. GeroScience 41 (4): 419–439. doi:10.1007/s11357-019-00095-x. ISSN 2509-2723. PMC: 6815288. PMID 31463647.
^ North, Brian J; Rosenberg, Michael A; Jeganathan, Karthik B; Hafner, Angela V; Michan, Shaday; Dai, Jing; Baker, Darren J; Cen, Yana et al. (2014-07-01). “SIRT2 induces the checkpoint kinase BubR1 to increase lifespan”. The EMBO Journal 33 (13): 1438–1453. doi:10.15252/embj.201386907. ISSN 0261-4189. PMC: PMC4194088. PMID 24825348.
^ “Nicotinamide mononucleotide (NMN) supplementation rescues cerebromicrovascular endothelial function and neurovascular coupling responses and improves cognitive function in aged mice” (英語). Redox Biology 24: 101192. (2019-06-01). doi:10.1016/j.redox.2019.101192. ISSN 2213-2317.
^ Hosseini, Leila; Farokhi-Sisakht, Fatemeh; Badalzadeh, Reza; Khabbaz, Aytak; Mahmoudi, Javad; Sadigh-Eteghad, Saeed (2019-12-15). “Nicotinamide Mononucleotide and Melatonin Alleviate Aging-induced Cognitive Impairment via Modulation of Mitochondrial Function and Apoptosis in the Prefrontal Cortex and Hippocampus” (英語). Neuroscience 423: 29–37. doi:10.1016/j.neuroscience.2019.09.037. ISSN 0306-4522.
^ Sweeney, Gary; Song, Juhyun (2016-03). “The association between PGC-1α and Alzheimer’s disease”. Anatomy & Cell Biology 49 (1): 1–6. doi:10.5115/acb.2016.49.1.1. ISSN 2093-3665. PMC: 4819073. PMID 27051562.
^ Gong, Bing; Pan, Yong; Vempati, Prashant; Zhao, Wei; Knable, Lindsay; Ho, Lap; Wang, Jun; Sastre, Magdalena et al. (2013-06). “Nicotinamide riboside restores cognition through an upregulation of proliferator-activated receptor-γ coactivator 1α regulated β-secretase 1 degradation and mitochondrial gene expression in Alzheimer’s mouse models”. Neurobiology of Aging 34 (6): 1581–1588. doi:10.1016/j.neurobiolaging.2012.12.005. ISSN 1558-1497. PMC: 3632303. PMID 23312803.
^ Martens, Christopher; Denman, Blair; Mazzo, Melissa; Armstrong, Michael; Reisdorph, Nichole; McQueen, Matthew; Chonchol, Michel; Seals, Douglas (2017/12). “NAA1 NICOTINAMIDE RIBOSIDE SUPPLEMENTATION REDUCES AORTIC STIFFNESS AND BLOOD PRESSURE IN MIDDLE-AGED AND OLDER ADULTS” (英語). Artery Research 20 (C): 49–49. doi:10.1016/j.artres.2017.10.021. ISSN 1876-4401.
^ Das, Abhirup; Huang, George X.; Bonkowski, Michael S.; Longchamp, Alban; Li, Catherine; Schultz, Michael B.; Kim, Lynn-Jee; Osborne, Brenna et al. (2018-03-22). “Impairment of an Endothelial NAD+-H2S Signaling Network Is a Reversible Cause of Vascular Aging” (English). Cell 173 (1): 74–89.e20. doi:10.1016/j.cell.2018.02.008. ISSN 0092-8674. PMID 29570999.
^ Cantó, Carles; Houtkooper, Riekelt H.; Pirinen, Eija; Youn, Dou Y.; Oosterveer, Maaike H.; Cen, Yana; Fernandez-Marcos, Pablo J.; Yamamoto, Hiroyasu et al. (2012-06-06). “The NAD+ precursor nicotinamide riboside enhances oxidative metabolism and protects against high-fat diet induced obesity”. Cell metabolism 15 (6): 838–847. doi:10.1016/j.cmet.2012.04.022. ISSN 1550-4131. PMC: 3616313. PMID 22682224.
^ “This Compound Can Reverse Aging in Mice. Will It Work in People?”. Time. 2020年12月17日閲覧。
^ Yoshino, Jun; Mills, Kathryn F.; Yoon, Myeong Jin; Imai, Shin-ichiro (2011-10-05). “Nicotinamide mononucleotide, a key NAD(+) intermediate, treats the pathophysiology of diet- and age-induced diabetes in mice”. Cell Metabolism 14 (4): 528–536. doi:10.1016/j.cmet.2011.08.014. ISSN 1932-7420. PMC: 3204926. PMID 21982712.
^ Katsyuba, Elena; Mottis, Adrienne; Zietak, Marika; De Franco, Francesca; van der Velpen, Vera; Gariani, Karim; Ryu, Dongryeol; Cialabrini, Lucia et al. (2018-11). “De novo NAD + synthesis enhances mitochondrial function and improves health” (英語). Nature 563 (7731): 354–359. doi:10.1038/s41586-018-0645-6. ISSN 1476-4687.
^ Bonkowski, Michael S.; Sinclair, David A. (2016-11). “Slowing ageing by design: the rise of NAD + and sirtuin-activating compounds” (英語). Nature Reviews Molecular Cell Biology 17 (11): 679–690. doi:10.1038/nrm.2016.93. ISSN 1471-0080.
^ Mills, Kathryn F.; Yoshida, Shohei; Stein, Liana R.; Grozio, Alessia; Kubota, Shunsuke; Sasaki, Yo; Redpath, Philip; Migaud, Marie E. et al. (12 13, 2016). “Long-Term Administration of Nicotinamide Mononucleotide Mitigates Age-Associated Physiological Decline in Mice”. Cell Metabolism 24 (6): 795–806. doi:10.1016/j.cmet.2016.09.013. ISSN 1932-7420. PMC: 5668137. PMID 28068222.
^ Mills, Kathryn F.; Yoshida, Shohei; Stein, Liana R.; Grozio, Alessia; Kubota, Shunsuke; Sasaki, Yo; Redpath, Philip; Migaud, Marie E. et al. (2016-12-13). “Long-term administration of nicotinamide mononucleotide mitigates age-associated physiological decline in mice”. Cell metabolism 24 (6): 795–806. doi:10.1016/j.cmet.2016.09.013. ISSN 1550-4131. PMC: 5668137. PMID 28068222.
^ Mills, Kathryn F.; Yoshida, Shohei; Stein, Liana R.; Grozio, Alessia; Kubota, Shunsuke; Sasaki, Yo; Redpath, Philip; Migaud, Marie E. et al. (2016-12-13). “Long-term administration of nicotinamide mononucleotide mitigates age-associated physiological decline in mice”. Cell metabolism 24 (6): 795–806. doi:10.1016/j.cmet.2016.09.013. ISSN 1550-4131. PMC: 5668137. PMID 28068222.
^ “Anti-Aging Compound in Human Clinical Trial: Will Boosting NMN Slow Aging?”. hecmedia.org. 2020年12月17日閲覧。
^ Trammell, Samuel A. J.; Schmidt, Mark S.; Weidemann, Benjamin J.; Redpath, Philip; Jaksch, Frank; Dellinger, Ryan W.; Li, Zhonggang; Abel, E. Dale et al. (2016-10-10). “Nicotinamide riboside is uniquely and orally bioavailable in mice and humans” (英語). Nature Communications 7 (1): 12948. doi:10.1038/ncomms12948. ISSN 2041-1723.
^ “What is NMN?”. www.nmn.com. 2020年12月17日閲覧。